スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

VESPA

イタリアの珠玉の二輪車、ベスパはピアッジオ社から生まれた。それが全世界で最もよく知られ、最も愛されているスクーターのひとつと考えられているのも不思議ではない。

最初のモデル、ベスパ98は1946年に発売された。パペリーノ(小さなアヒルの子)」というかわいらしいニックネームと最高時速60kmのスピードで、人目を引いた。ベスパの創造的頭脳は、ヘリコプターに情熱を燃やすエンジニア、コラディーノ・ダスカニオだった。エンリコ・ピアッジオの支援を受けて、彼は第二次世界大戦直後にスクーターの世界に飛び込み、座った人の解剖学的構造を中心にベスパのコンセプトをデザインした。元戦闘機の設計者として、彼は鍋とフライパンのビジネスにうんざりしていた。

そしてもちろん、既存の生産設備で製造できるものでなければならなかった。もちろん、既存の生産設備を使って製造できるものでなければならなかった。バイク製造の経験がゼロだったコラディーノは、完全にオープンマインドで仕事に取り掛かった。彼は、駆動系と動力伝達系をできる限りシンプルにしたいと考え、セカンダリー・チェーンのないドライブセット式スイングアームを選択した。さらに、ベスパに乗るときは誰も手を汚してはならないので、エンジンは完全に隠された。タイヤ交換もクルマと同じように簡単にできるはずだ。

ベスパ」という名前については謎のままだ。よく知られているのは、試作車を見たエンリコ・ピアッジオが「スズメバチ(伊:Vespa)のようだ」と叫んだという話だ。おそらく、ブーンというエンジン音と、昆虫に似た車体の形からだろう。しかし、ベスパという名前が「Veicoli Economici Società Per Azioni」の略だという別の説は、根拠がないことが証明された。それはともかく、ベスパという名前は時の試練を乗り越え、簡単には忘れられないスタイルの象徴となっている。

車種を選択してください

×