スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

LML - SIP Scootershopのスペアパーツとアクセサリー

LML- インドの会社Lohia Machinery Limited(LML)は、長年ピアジオからライセンスを受けてベスパを製造することを許されていた。LML社は最盛期には年間32万5千台のスクーターを販売した(1998年)。1999年、ピアジオ社との提携を解消し、LML社は自社製のバイクやスクーターを生産するようになった。2018年、同社は債務超過を申請した。しかし、SIP Scootershopでは、まだ何百ものアクセサリーやスペアパーツを見つけることができ、我々は在庫が続く限り、それらを在庫しています。

  • ピアジオのライセンス商品

  • まだ数百万台のLMLベスパが走っている

  • 豊富な品揃え

LML - 偉大なるアップとダウン

LMLの歴史は、1972年、インドの都市カーンプルから始まります。当時は、合成繊維の製造や皮革加工などを手掛けていた。創業から10年後、ピアジオ社との技術提携が始まり、100ccエンジンを搭載した「ベスパPX 100 E」をライセンス生産することになった。1985年にはベスパPX 150 Eが登場し、その1年後にはベスパ150 DZが登場した。その5年後、LMLは他のすべての事業分野から切り離し、スクーター事業に完全に参入した。

その後、インド経済の好景気により、何百万人もの人々にモビリティが求められるようになり、最も成功した時期が訪れました。1999年、LMLはインドを代表するバイクメーカーに上り詰めたが、ピアジオのライセンスが切れ、LMLは独自にモデルを発売することになった。2006年、LML社は長期ストライキにより工場閉鎖を余儀なくされ、生産がストップしてしまったのだ。生産が再開されたのは2008年3月で、ベスパPXによく似たLML-Starというモデルが主に輸出向けに生産された。ピアジオ社がベスパを2ストロークモデルとして販売し続けたため、4ストロークエンジンを搭載したスクーターは、特にヨーロッパとアメリカで多くの買い手がついた。

LMLは次第にシェアを失い、自社製のバイクを生産しても流れを変えることはできなかった。LMLはインドでのシェアを再び伸ばすことができず、2018年、46年ぶりに破産を申請した。

SIP ScootershopのLML

すでに述べたように、インドメーカーの債務超過にもかかわらず、LMLスクーターのアクセサリーやスペアパーツを多数在庫しています。また、常に世界各地でさらなる在庫の掘り起こしを行い、入手に努めています。まだ、棚にあるものを見てみてください。ボルトからタンクまで、まだまだ発見がありそうです。

SIP Scootershopで最も売れているLMLのパーツです。

結論老犬はまだ生きている。もしかしたら、今回もLMLはそうかもしれません。