スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

カスタムSIP VM2 125 "1953"

投稿者:Ralf 時間:17:06 日付:2022年6月29日

RalfがVespa 125 VM2とその改造について語ります。

「私のVespa 125 VM2は、信じられないほど楽しいです。しかし、いくつかの点がいつも気になっていました。例えば、ほとんど光らない、信頼性が低い、そしてもちろん、すでに60年以上前のエンジンの時代遅れのエンジンパワーなどです。残念ながら、迷ったときは、より強力なラリーでビアガーデンに行くことが多かったです。近年、Faro Bassoを現状に近づけるための可能性は、驚くほど広がっています。チューブ式ハンドルのVespaを改造するには十分な理由です。古いタイヤ、錆びたリム、「エアポンプ」としか言いようのないショックアブソーバなど、まずは現状を把握する。ほとんど減速しないブレーキ、墓標のようなヘッドライト、硬い古いケーブル。老婦人を生き返らせるためには、何度も起動の試行錯誤が必要である。エンジンは回転に苦しみ、煙を吐き、クラッチの切れ味は大きく、エンジンパワーは、言うなれば扱いやすいものです。時速60km弱で停止し、哀れなベスパはすでに聴覚的に苦しめられている。ダイナモメーターで確認すると、後輪出力2.5ps、トルク5Nmという結果でした。少ないな"

Ralf mit seiner 125 VM2
Ralf strahlt: endlich ist die VM2 auch tourentauglich!

15時間勤務で10馬力アップ

「変換には2人で約15時間かかりました。ジェスコありがとうございます。作業後のスクーターは、フルでバネの効いたショックアブソーバー、スムーズな直進性、グリップ力のあるブレーキ、スムーズに動くケーブル、明るく輝くライトと、見違えるほどです。エンジンは最初のキックで始動し、印象的なトルク曲線と弱々しいほぼ15Nmだけでなく、12.5馬力のエンジンパワーを印象づけます。100km/hに到達し、何より信号で逃げられるようになり、渋滞の中でも楽に泳げるようになりました。私のチューブハンドル式ベスパは、これからまたずっとビアガーデンを見ることになるでしょう・・・。"

ここでは 部品一覧を組み込んだもの。

詳細な情報および分解図は、以下のページでご覧いただけます。 Vespa 125 VM2 の特設ページ.

VM2のコンバージョンに関するビデオシリーズ(全5回

Ralf
Ralf

ラルフはSIP Scootershopのマネージングディレクター兼共同設立者である。彼は1990年からベスパに乗っており、今日でも彼の仕事始めはランツベルクのSIP本社までラリー200に乗ることである。彼はまた、180 SS、160 GSとVM2ランペウンテンベスパを所有している。

×