スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

カスタム・クリエーション:ベスパ・ダグラス・モデルG

投稿者:Dietrich Limper 時間:09:02 日付:2024年2月21日

レストアされ改造されたスクーターの世界は、その驚くべき多様性と創造性で私たちを驚かせて止まない。Scooter Equipment Schwabach(S.E.SC)のDonatは、少し前にとても特別なプロジェクトを実現した。このスクーターは、現存するものがあまりない特別なスクーターだ。

ベスパ・ダグラス G型
希少なベスパ・ダグラス・モデルG
donat-02
ドナ

王国のベスパ

1953年から1954年にかけて、ベスパ・ダグラスモデルGはイギリスのキングスウッドで約3,300台のみ製造された。イギリスの有名なバイクメーカーであるダグラスは、1951年から1965年にかけて、ピアッジオからのライセンスを受けて12万台以上のベスパ・スクーターを製造した。Gモデルは125ccのベスパで、ベスパV15Tとほぼ同等だった。しかし、GモデルはすでにV15のリンケージの代わりに、より近代的なケーブル操作のギアスティックを持っていた。Gモデルのフレームも過渡期のデザインで、後部の板金分割はビード付きフレームと同じままだったが、ビード自体はほとんど消えており、その後のビードなしのファロ・バッソとほぼ同じだった。

ドナットはスクーターで事故を起こしたオーナーからベスパを購入したため、ダグラスに多くの手を入れなければならなかった。フレームは矯正され、レッグシールドは一新された。12ボルトのイグニッションシステムを除けば、エンジンはオリジナルだ。3ヵ月後、ダグラスは完成し、サルバトーレ・"パティーナ・ポープ"・サンバ太郎がこのオールディーズにふさわしい外観を与えた。ドナットはSIPスクーターショップの豊富なパーツセレクションを活用することができた:Carlucciのレッグシールド、PinascoのFlyTechイグニッション、SIPプレミアムのハンドルバー、Pascoliのセンタースタンド、SIPプレミアムのイグニッションフード、そして最後にSIP Performanceのケーブルキットを使用した。「これらのパーツは私にとって大きな助けとなった」とドナットは振り返る。そして、アルミニウムのヘッドライトハウジングは非常に珍しく、コレクターは1,500ユーロまで支払う。"

クールなストーリーと印象的な写真を提供してくれたドナットに感謝したい。ダグラスと他の今後のプロジェクトを引き続きお楽しみいただきたい。

フォトギャラリー:ベスパ・ダグラス モデルG

Custom Creations: Vespa Douglas Model G
Dietrich Limper
Dietrich Limper

ディートリッヒ・リンパーはSIP Scootershopの編集者として働く傍ら、地元紙や全国紙に執筆している。ジオキャッシングをしていないときは、バイヤー・レバークーゼンの悲しい逃避行にストイックに耐えている。

×