スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

PGO

hot-50-45-degree-600

PGOの概要

1964年、PGOは台湾で最初のスクーター・メーカーの1社として、現在の活動の基礎を築いた。1996年からは台湾茶業股份有限公司の傘下に入っている。1972年から1982年までの10年間、PGOはイタリアのピアッジオ社との技術提携によって大きな発展を遂げた。この間、PGOは「シンプルな」チャイナスクーターのサプライヤーから革新的なデザインの開発者へと変貌を遂げた。今日、PGOは高品質なスクーターで知られ、世界中に多くのファンを持つ。PGOのスクーターはオーストリアで特に人気がある。PGOという社名の由来は、ピアッジオの略称である。

PGOモデルの歴史

最新モデルは第2世代の電子制御インジェクションシステムを搭載し、厳しい排ガス規制であるEURO3基準の高い要件を満たしている。個々のニーズに応じて、顧客は50ccから150ccまでのエンジン容量のスクーターから選ぶことができ、2ストロークまたは4ストロークエンジンが用意されている。PGOの特徴は、エンジンを自社生産していることで、製品の品質と性能をより高いレベルで管理することができる。PGOは、堅牢性と信頼性で知られるイタリア製ミナレリ・エンジンの実証済みのレプリカも提供している。

1990年代のPGOスクーターのフラッグシップは、1990年から1996年にかけて生産されたPGO Roller Star 50 ACであった。このモデルは、シンプソン・スターとは似ても似つかない角ばったデザインで明らかに際立っている。人気という点では、Star 50 ACに次いで、Big Max 50 ACとPGO Hot 50 ACのモデルがスクーター界で大きな存在感を示しており、このブランドで最も頻繁に乗られているスクーターである。T-Rex 50 AC、G-Max 50 AC、Tornado 50 ACといった他のモデルも支持を集めているが、知名度は著名な兄弟モデルの半分程度にとどまっている。PGOの新しいシリーズでは、G-StarとLigeroモデルが現在特に人気があり、LigeroはComet/Galaxy 50シリーズの後継モデルとして位置づけられ、バイヤーから好評を得ている。

SIPスクーターショップのPGOモデル

  • ビッグマックス 50 ccm 2T AC '95-

  • コメット 50 ccm 2T AC '95-

  • ギャラクシー 50 ccm 2T AC '93-

  • G-Max 50 ccm 2T AC

  • HOT 50 ccm 2T AC

  • メガ 50 ccm 2T AC

  • PM-X スポーツ 50 ccm 2T AC

  • ロドショー 50 ccm 2T AC

  • スポーツ 50 ccm 2T AC

  • スター 50 ccm 2T AC '90

  • スターII 50 ccm 2T AC

  • トルネード 50 ccm 2T AC

  • T-Rex 125 ccm 2T AC

  • T-Rex 125 ccm 4T AC

  • Tレックス 150 cc 4T AC

  • T-Rex 50 ccm 2T AC

車種を選択してください

×