スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

Eスクーターレース

投稿者:Dietrich Limper 時間:14:03 日付:2022年3月15日

電子スクーターは、クリーンな移動手段として、数年前から人気を博しています。そのため、小さなスピードスターのためのプロフェッショナルなレースシリーズを設立するのは時間の問題であった。そして今年、5月中旬、英国ロンドンで開催されるeSkootr Championship(略称eSC)で、初のドライバーが時速100km以上のコースに挑戦する時が来たのです。こんな方におすすめ Eスクーターまた、SIP Scootershopでは、プライベートで使用するためのポン付けをしたい方も多くいらっしゃいます。 チューニングの可能性.

eSCレーシングシリーズは、Hrag Sarkissian(CEO)、Lucas Di Grassi(サステナビリティ・アンバサダー)、Khalil Beschir(COO)、そしてこの4人の中でおそらく最も有名な顔、F1のベネトン、マクラーレン、ウィリアムズの元レースドライバーとして知られる Alex Wurz(セーフティアンバサダー)により2019年に設立されました。また、1997年と2009年にル・マン24時間レースで優勝している。しかし、新しいレースシリーズであるeSCでは、2本のタイヤで戦うことはない。

eSCを使ったEスクーターレース:ミッション

によると 公式サイトレーシングシリーズでは、3つの大切なことがあります。

サステナビリティ
このシリーズは、レーストラックから日常的なマイクロモビリティに移行し、世界中のより住みやすい都市を促進することを目的としています。

安全性
また、モータースポーツは、社会的に意義のある技術革新や技術移転のためのインキュベーターやアクセラレーターとなる可能性があると、長い間認識されてきました。

アクセシビリティ
私たちは、すべての人に平等にこの新しいスポーツに挑戦する機会を与え、将来の世界チャンピオンになるために成長してもらいたいと考えています。そのために、グラスルーツからエリートまでのアクセスしやすい明確な道筋を整備し、ライダーやチームの育成を促進するための国や地域のインフラ整備に取り組んでいます。

E-Scooter im Rennen
Mit über 100 km/h gehen die E-Scooter auf die Strecke.

eSCレーシング:モードとeスクーター

現在、レーシングシリーズはまだ準備段階であり、5月の第1戦にいよいよ参戦するドライバーを選定しているところです。その後、参加者は永久にチームに所属するのではなく、ローテーションによって公平でエキサイティングな競争が行われます。最終的には3人ずつ10チームがeSCに参加し、各大会には男女合わせて30人のライダーが参加することになります。
レース形式はヒート制で、各ヒートの上位4名が準々決勝に、準々決勝の上位3名が準決勝に進出する。
各準決勝の
上位3名が、
決勝のスターティング
メンバーとなる。

個人選手権と団体選手権があり、各グループ、各ラウンドでポイントを獲得します。


今のところ、2022年のレースカレンダーは以下のように決まっています
。5月13~14日:
イギリス
・ロンドン
5月27~28日




スイス6月17~18日:
フランス7月15~16日:イタリア
9月
16~17
日:スペイン10月










アメリカ





Eスクーター S1-X

eSCが開発した世界最速といわれるツインモーター搭載のeスクーター「S1-X」で、すべてのライダーが同じ条件で競い合います。2x6KWを搭載し、最高速度は100km/h以上を達成。ボライド」は、重量40kg、油圧ディスクブレーキ、カーボンファイバー製のシャシーを備えています。フロントとリアのアクスルはアルミニウム製で、フェアリングとパネルはナチュラルファイバー製です。タイヤのパートナーとして見出されたのは、スクーター乗りの間で有名なイタリアのメーカーであった。 PMTタイヤスクーターライダーにはおなじみ。eSkootrファミリーのオフィシャルタイヤパートナーとして参加できることを大変誇りに思います。我々は、このエキサイティングな新選手権と、世界的なモータースポーツの全く新しいカテゴリーに対するeSCの野望を共有しています。また、安全性と持続可能性の関連性をレーストラックからマイクロモビリティの実世界に移すというeSCのミッションに賛同しています。タイヤの技術革新は、路上での電動スクーターの安全性、特に濡れた路面での安全性を向上させるために非常に重要です。"

S1-X eスクーターに自分で乗ってレースシリーズに参加したい人は、eSCのウェブサイトから登録することができます。 宣伝する.スキー、サーフィン、モータースポーツ、BMXの経験があれば有利ですが、理論的には時速100km以上でコースを走る勇気のある方ならどなたでも参加可能です。

Dietrich Limper
Dietrich Limper

ディートリッヒ・リンパーはSIP Scootershopの編集者として働く傍ら、地元紙や全国紙に執筆している。ジオキャッシングをしていないときは、バイヤー・レバークーゼンの悲しい逃避行にストイックに耐えている。

×