スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

シートベンチ、スイングサドル、シートカバー - SIP ScootershopのVespaとLambrettaのために

古いベスパの多くは、何年も風雨にさらされてきた。吹雪から砂漠の嵐まで、あらゆるものがスクーターに押し寄せます。その際、特にシート・ベンチは打撃を受けてしまう。色あせたり、ポロポロになったり、やがて破れたり。フォームが水分を吸収し、乗るたびに濡れた背中を見せてくれます。そして、遅くとも、新しいシートに交換する時期がやってくるのです。

シートリリースは、ロックまたはシート端のレバー/プッシュボタンで動作します。2人乗りの場合、同乗者用のストラップ/ハンドルが法律で義務付けられています。2人用として認可されているすべてのベンチにあらかじめ装着されています。同じモデルシリーズのベンチはすべて互換性があります。つまり、Vespa '98/MYにもともと装着されていたシートを、他のすべてのPX/PEモデルに装着することができるのです。また、Smallframeの全モデルに適用されます。モノシートを外してダブルシートにすると、助手席のスペースが十分に確保できます。しかし、PXにGSシートを装着するかどうかは、あなた次第です。レストアに必要なパーツを選びやすくするために、各パーツに元々装着されていた車両を示すモデル名称を付与しています。パスコリピアジオシップスタイルのシートは、高品質な仕上がりで、形も色もほぼオリジナルに近いのが特徴です。完璧に作られたスプリングコアと厚いフォームマットで高い座り心地を実現し、きれいな縫い目と高品質のシートカバー。オリジナルコンディションでのレストアの第一候補。

Vespa 150/160GS、180SS、T5モデル用のシートは、PIAGGIOからの販売は終了しています。ここでは、Made in Italyのオリジナル品質を提供します。ピアジオは、すべてのモデルでダークブルーとブラックを好んで使用した。オリジナルシートが高価で、より安価なものをお求めの方のために、アクセサリーの一般的なシートをすべてレプリカとして提供しています。これらは、縫い目のパターンやスプリングコアの発泡マットの厚みなど、細かい部分がオリジナルと異なるだけです。安価なベンチシートをお探しの方にお勧めの商品です。ベンチはすべて、高品質で耐候性のあるイミテーションレザーを使用しています。組み立ての際に別のベンチスピゴットが必要な場合は、付属しています。

スイングシート

当時はライダーもパッセンジャーも揺れるサドルや シートクッションに座るのが一般的で、ベンチシートは150GS以降のシリーズにのみ標準装備されるか、ピアジオのアクセサリーとしてのみ販売されたものである。スイングサドルは50年代、60年代の典型的なルックスで、標準装備されていない多くのモデルにも似合う。高い着座位置は、最初は少し変わった感じで、スポンジのような感触を与えますが、慣れると見逃せません。同色のシートクッションやリアスイングサドルとの組み合わせがおすすめです。リアスイングサドルは標準装備されなかったが、シートクッションの代わりとして有効である。

シートカバー

30年前の納屋で見つけたクルマは、シートフレームはまだ良い状態でも、シートカバーの寿命が来ていることがよくあります。 表面の擦れや縫い目の破れは、たとえパティナボックスであってもカッコ悪いので、新しいシートカバーに交換する必要があります。いくつかの簡単な手順で交換すると、シートは新品のようになります。 もう少し安いものがお好みなら、付属品からバージョンアップして落ちつくことも可能です。これらは、ステッチのコースやパイピングの太さなど、細かな部分にしか違いがないことが多いのです。