スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

E-bikeのチューニング SIP ScootershopのBadassと。

小箱で大きな効果

バッドアス Badass eBikes GmbHは、数年にわたりe-bikeのチューニングをリードしてきました。いわゆる「badassBox 4」は、ニーダーフランケンのヘスバッハで開発・製造されています。すべての作業工程を自社で行い、常に高い品質を確保しています。BADASSはサステナビリティも重視しており、3Dプリンターを使って、ひまし油をベースにした素材を使ったボックスを製造しています。

バッドアスボックス4

この箱には、1年以上の開発期間が費やされています。筐体は従来品より小型化され、狭い場所での設置も可能になりました。特許を取得した新しいスナップロックにより、badassBoxは非常に素早く取り付け、取り外しが可能です。また、オプションでケーブルタイによる固定も可能です。CR2電池は不要になり、badassBoxは工具なしで交換できる単4電池で駆動するようになりました。各BadassBoxは、鋳造前と鋳造後に正しく機能することを確認しています。

badassBoxをe-bikeのスピードセンサーに装着することで、25km/hの制限を解除することができます。再びbadassBoxを取り外すと、e-bikeは元の状態になります。badassBoxは、制限速度を超えるために、モーターに電気的に接続することなく、モーターの電子回路やソフトウェアに介入することなく、非接触で修正信号を送信します。凝った方法でモーターを開ける必要はありません。破損の心配はありません。badassBoxは数秒で取り付け、取り外すことができ、電子バイクを以前の合法的な状態に戻すことができます。このような利点がありながら、原理上、間違った速度や、そこから派生する値が表示される。

  • 非接触型e-bikeチューニング

  • スリムでデザイン性の高い筐体

  • 特許取得済みスナップロック

  • 筐体のヒューズオプション

  • 自動車業界向けポッティングコンパウンド

  • 二重の品質管理

  • ドイツ製

重要:badassBox 4は、ミッドモーター(クランク/ペダル周辺に設置されたモーター)と250ワットの連続出力で25km/hまでのモーターサポートを備えたペデレックのみに対応し、Sペデレック(45km/hまでのモーターサポート)とハブモーター(フロントまたはリアの車輪軸周辺にあるモーター)には対応しません。

ソフトウェア:ファームウェアのアップデートやアップグレードは、メーカーが新機能やより優れたバッテリー管理などを宣伝しているにもかかわらず、同時に不要な機能のゲートウェイであり、チューニングの選択肢を奪うか制限しています。現在、チューニングの選択肢/オリジナルコンディションを維持するために、エンジンファームウェアのアップグレード/アップデートは行わないでください。これは、特にe-bikeのワークショップ作業に関しても適用されます。