スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

SIP Vespa VM2 125 1953年製 "ストリートレーサー - カスタムスクーター

ワイドフレームチューニングは確実に浸透しています。大抵の場合、カリスマ的なチューブラーハンドルのオバチャンは、コレクターズアイテムとしてガレージで眠っているか、ちょっと乗る程度にしか使われていない。特にロングライドでは、古いエンジンへの信頼性が低すぎる。しかも、2〜3馬力のエンジンパワーでは、今日の道路交通には単純に力不足です。そのため、近年、「ファロ・バッソ」の周辺には、機知に富んだホビーストたちが集まってきている。オリジナルのシリンダーにオーバーフローとタイミングの最適化、ピストンの交換、各種キャブレターの装着などを行っています。

異なるエンジン

ワイドフレームベスパのエンジンは、基本的に1chと2chの2種類があります。1オーバーフローエンジン(1チャンネル )の場合(外から見て、排気管が横に走っているのがわかる)、チューニングの選択肢は限られています。キャブレターキットCP19、エアフィルター、シリンダーヘッドCNC、非接触型イグニッションシステム。それでも、パワーの向上は顕著です。代替案:中古の2チャンネルエンジンを購入し(約250-300ユーロ)、1チャンネルエンジンは棚に置いておく。2オーバーフローエンジン(2チャンネル) (外から見ると、排気管が下向きに走っているのがわかる)では、その結果は実に印象的だ。適切な部品を使用することで、エンジンは10〜14psの出力と15Nmの強力なトルクを達成することができます。しかも、渋滞に巻き込まれたり、峠を登ったりするのには十分な量です。一方、多くの製品が量産体制に入り、簡単に組み立てることができるようになりました。160 ccのアルミニウム製PINASCOからレースシリンダー、TAMENIから強化クランクシャフト&SERIE Pro by Stoffi、ポリーニCPモデルに基づいてキャブレターキット、SIPからレース排気システム、メンテナンスフリー電子12 V点火、長いギア比、改善されたクラッチやサスペンション部品は、チューブハンドルVespaの愛好家のための全体の新しい地平を切り開く。以下の部品を使えば、50年代モデルの魅力を失うことなく、どんなファローバッソでもデイリーライダーに変身させることができます。すべてのコンバージョンがいつでも後付け可能です。

Ralf und Alex mit Lampe unten
Ralf und Alex auf ihren Faro Basso Rollern

Vespaを目指せ!

スポーツエキゾーストシステムは、その第一歩です。プラグ&プレイで取り付けられ、オリジナルシリンダーやチューニングされたシリンダーで出力向上を実現します。標準装備のキャブレター、エアフィルター、インテークマニホールドをポリーニCPキャブレターキットに交換します。排気量に代わるものは、排気量以外にはありません。ピナスコの最新のアルミ製シリンダーは、パワーとパフォーマンスの大幅な向上を実現します。ストローク57mm、ボア60mmで、排気量160ccを実現しました。5つのオーバーフローでシリンダーに確実に混合気を供給します。新たに計算されたシリンダーヘッドは、適切な圧縮を実現。余分なパワーを路上に出すために、プライマリーギアまたはPINASCOの4速ギアボックスを装着することが可能です。オリジナルのイグニッションは、無接点12Vイグニッションに変更されています。ブレーカーやコンデンサーの不良による点火不良がなくなり、完全メンテナンスフリーで明るい光を実現!

チューニングといえば、サスペンションやブレーキシステムも忘れてはいけません。SIP PERFORMANCEの高品質ショックアブソーバーとチューブレス8インチリム、ブレーキ部品が最適なシャシーを提供します。

Vespa VM2
Die Vespa VM2 wurde umgebaut

Vespa VM2 125の改造について

私のVespa 125 VM2は、信じられないほど楽しいです。しかし、いくつかの点がいつも気になっていました。例えば、ほとんど光らない、信頼性が低い、そしてもちろん、すでに60年以上前のエンジンの時代遅れのエンジンパワーなどです。残念ながら、迷ったときは、より強力なラリーでビアガーデンに行くことが多かったです。近年、Faro Bassoを現状に近づけるための可能性は、驚くほど広がっています。チューブ式ハンドルのVespaを改造するには十分な理由です。古いタイヤ、錆びたリム、「エアポンプ」としか言いようのないショックアブソーバなど、まずは現状を把握する。ほとんど減速しないブレーキ、墓標のようなヘッドライト、硬い古いケーブル。老婦人を生き返らせるためには、何度も起動の試行錯誤が必要である。エンジンは回転に苦しみ、煙を吐き、クラッチの切れ味は大きく、エンジンパワーは、言うなれば扱いやすいものです。時速60km弱で停止し、哀れなベスパはすでに聴覚的に拷問を受けている。ダイナモメーターで確認すると、後輪出力2.5ps、トルク5Nmという結果でした。それはあまりないですね。

変換は2人で15時間くらいかかりましたね。ジェスコありがとうございます。バネの効いたショックアブソーバー、スムーズな直進性、グリップ力のあるブレーキ、スムーズに動くケーブル、燦然と輝くライトなど、作業後のスクーターは見違えるほど。エンジンは最初のキックで始動し、印象的なトルク曲線と弱々しいほぼ15Nmだけでなく、12.5馬力のエンジンパワーを印象づけます。100km/hに到達し、何より信号で逃げられるようになり、渋滞の中でも楽に泳げるようになりました。私のチューブハンドル式ベスパは、これからまたずっとビアガーデンを見ることになるのです.

また、この変換をどのように行ったかは、5部構成のビデオシリーズでご覧いただけます。

ワイドフレーム・ベスパについてもっと詳しく知りたい方は Wideframeに関するブログと動画.