スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

ケイヒン - スクーター・二輪車用ハイエンドキャブレター

KEIHIN-キャブレターといえば、チューニングファンは舌を巻く。デロルトやミクニと並んで、日本発の部品は最高級品です。例えばヤマハが長年、ケーヒンのキャブレターを純正品として採用しているのもうなずける。

  • 卓越した品質と性能

  • 完全なチューニングが可能

  • 許容範囲の狭さ

KEIHIN - 日本発のトップキャブレター

「KEIHIN PWMシリーズは現在、市場で最高の2ストロークキャブレターを提供しています
」-Jesco Schmidt、スクーターレーサーとSIP Scootershopの製品マネージャー

KEIHINの物語は、1956年、川崎市にある株式会社京浜製器製作所から始まりました。 1年後、最初の試作キャブレターができ、同年9月にホンダのオートバイ「ドリーム」、富士のスクーター「ラビット」に搭載されたのです。これが、世界に名だたる企業に成長した、素晴らしい社史の始まりだった。1981年に日本、1981年に台湾、1982年にアメリカ、1989年にタイと、大陸から大陸へと新しい工場やオフィスを建設し、急速な拡大を続けています。2007年1月、ケイヒンはドイツに支店を開設しました。

会社の設計やオーナーは何年も前から定期的に変わっていますが、それでもキャブレターの品質は落ちません。2021年1月より、KEIHINは日立グループに属していますが、キャブレターは世界的に有名になったKEIHINの名で販売を続けています。ケーヒンの製品は、しばしばコピーされますが、他の追随を許しません。

SIP ScootershopでのKEIHIN。

SIP Scootershopのメカニック、チューナー、レーサー、エキスパートたちは、ケーヒンのキャブレターについて尋ねられると目を輝かせ、絶句してしまうのです。最先端の設計」「非常に洗練された技術」「絶対的な信頼性」などが語られています。しかも、キャブレターを納得している連中なら、言うことなしだ。だから - ただ、チェックしてください。 キャブレターオンラインショップで、あなたのバイクがどうなるかを想像してみてください。

結論:KEIHINのキャブレターは世界最高レベル。フルストップ