スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

VESPA ロードトリップ ドロミテ 2018 - SIP Scootershop

投稿者:Dietrich Limper 時間:14:03 日付:2019年3月12日

私たちのベスパツアーグループは、今年ほど雑多になったことはありません。 オーストリア人、フランス人、イタリア人、タイ人、ドイツ人。異なる文化や特質がありながら、我々は取るに足らない事実によって結束している:我々はすべて明らかに我々の静脈に2ストローク油と古いベスパのための偉大な情熱を持っています。私たちは皆、峠道や海岸沿いの道をゆったりと蛇行するベスパの音を愛しています。私たちは、老婦人の官能的な曲線、最初のキックで起動したときの感覚、そして文字通りそれも、気の合う仲間との素晴らしい旅の気分であることを感じ取ることができます。

今回のルートは、ドロミテを越えてヴィチェンツァまで行き、ガルダ湖の西岸に沿ってメラノまで行き、パッソ・デル・ロンボを越えてランズベルクまで戻るというものです。

でも、ひとつひとつが大切。

第1日目 8月2日(木

19人のチームは、木曜日の朝、ランズベルク・アム・レヒのSIP Scootershop本社に集合します。シペリアでさよならカプチーノを飲んでいる人もいれば、大事な仕上げのために必死でバイクをいじっている人もいます。最後の集合写真を撮り、快適な気温の中、B17をガルミッシュ方面に走り、インスブルックを過ぎて絵のように美しいヴュルツヨッホのブリクセンに向かう。実は、ドライバーには短い休憩時間しかないはずだったのですが、突然の雨で「ユーティア・デ・ベルスト」の主人は確かに歓迎され、豪華なターンオーバーになりました。https://goo.gl/maps/daHthCZacT82

2日目 8月3日(金

雨も上がり、元気にポルドイヨッホ、サン・ペレグリーノ峠、ローレ峠を越え、絵のように美しいバッサーノ・デル・グラッパを経てヴィチェンツァに到着した。暑いですね。風さえも私たちに憧れの爽やかさを与えてくれないが、アペロール・スプリッツなら可能だ。内側から我々はアペリティーボのためのラテラッツァデラバシリカでベスパクラブヴィチェンツァのクラブメンバーを満たしており、残念ながら少し前に提供されている夜のディナーにタコカラッチョと一緒に乗っています真夜中。とはいえ、ビゴリやピザ、ハンバーガーはおいしくいただきました。旧モンテベリコ修道院で一泊する。

https://www.laverabirreria.it

https://goo.gl/maps/QFp1baK2hjL2

第3日目 8月4日(土

冷めない。朝からもう暑いです。ファブリツィオ・カオドゥーロの70年代ヘルメットの本社を訪れ、美しいヴァルポリチェッラの曲がりくねった道をクルーズし、トルベのトラットリア・カプリニで素晴らしいタリアテッレのテイスティングメニューを食べます。その後、ルートは直接Lago di Garda、正確にはGardaに向かいます。そこでついに待ちに待った湖へのケツバットを行い、アジア人は初めて泳ぎ方を学び、スプマンテのボトルを何本も飲んだ。アンティパストと焼きたての料理でお腹がいっぱいになるまで、また夜中になり、丸太のように眠ります。

http://www.trattoriacaprini.it

https://www.facebook.com/Trattoria-La-Val-637388756303475/

https://goo.gl/maps/cauWbu774pr

4日目 8月5日(日)

トッリ・デル・ベーナコから湖の西側トスコラーノへ向かう10時15分のフェリーに乗りたいからだ。もちろん、ギリギリでなんとか間に合わせた。山間を抜け、トンネルを抜け、湖畔を走り、モンテカステッロで少し休憩し、リモーネを走ります。Lago di Tennoを過ぎると、夕方にはMeranoに到着し、Pfefferlechnerでセンセーショナルなディナーとグラッパのテイスティングのために地元のVespa Clubの非常にフレンドリーなメンバーに会います。

https://www.gardasee.de/ausflugsziele/madonna-di-montecastello

http://www.pfefferlechner.it/hausbrauerei.html

https://goo.gl/maps/sqgzuWBCcw32

5日目 8月6日(月

最終日、そしてこうして帰路につく日。標高が2500m近くあるため、最後の力を振り絞って、荒れたティメルスヨッホ(イタリア語:Passo del Rombo)を登り、エッツタールを越え、フェルンパスの後、ロイテ、フュッセンを経て、フォルッゲンゼーからレヒまで帰路につきます。いつも雷雨に追われ、背中に雨が降るが、どちらも追いつくのは一度だけだ。

https://goo.gl/maps/XsK4c1ZiZ7H2

私たちのWhatsAppグループで次のような言葉を交わした、アヴィニョン在住のフランス人翻訳者、Jacques Mancuso氏の温かい言葉に、私は感銘を受けました。

「皆さんと共有したすべての瞬間に感謝します。あなたの寛容さ、あらゆる方向への視線のおかげで、誰もがより広い角度から見ることができるようになりました。あなたは、エンジンのリズム、非常に多くの笑いの音、そして私たちのベスパは私たちのヘルメットの両側に作成する風の間に作成されているハーモニーのために。それは、見た目も、音も、匂いも、本当の友情と愛の人生のあるべき姿のような毎日です。そんな呼吸の時間を、これからもたくさん共有できますように。たとえそれがAluの誕生日でないとしても、次回は!?でも、ビールの時はいつもそうなんだろうなぁ...。みんなにキスを、そしてそれを可能にしてくれたガールフレンドのみんなに感謝しますVi voglio bene a tutti cari amici! "

Dem ist nichts hinzuzufügen.

#siptour #happybirthdayalu #fullsteamahead #nodinnerbeforemidnight #lapatate #forgetyourworriesbutneveryourluggage #siptour2019wogehtshin #holidayonsteiss

クリスチャン vom SIP Scootershop

Hier ist userSIP TV Videozum Roadtrip, viel Spass damit.

Wenn das Video gefällt bitteunseren Kanal auf YouTubeabonnieren, ein LIKE dalassen und das Video teilen.ありがとうございます。

SIP Team Tour 2018 Italy - Dolomites
Dietrich Limper
Dietrich Limper

Dietrich Limper arbeitet als Redakteur für SIP Scootershop, außerdem schreibt er für lokale und überregionale Publikationen. Wenn er nicht gerade Geocachen geht, erträgt er stoisch die betrüblichen Eskapaden von Bayer Leverkusen.