スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

ベスパ&スクーターの冬のチェックポイント

投稿者:Ralf (SIP) 時間:12:12 日付:2021年12月2日

私たちは、ベスパやスクーターの冬支度のための簡単で実績のあるヒントをまとめました。来年の春には、あなたのお気に入りが喜んでお礼を言うことでしょう。

Vespaを適切に冬眠させれば、来春初めてエンジンをかけようとしたときに、ほとんど問題が生じません。もちろん原理的には、冬の乾燥した日でも問題なくベスパを使用することが可能です。しかし、そのような日でも、路面の塩分がゴムや金属に付着しているので、走行終了時には十分に洗い流してください。

停車中に発生する錆を防ぐため、スクーターは十分に洗浄してください。特にベースプレートに残った汚れは、空気中の湿度を長く拘束するため、腐食を早期に進行させることになります。板金まで傷が入っている場合は、ニスで軽く叩くか、必要なら防錆油を重ね塗りするとよいでしょう。

1. クリーニング/クロームケア

飛沫や汚れが塗装や金属を攻撃する。これらの汚れは、冬場の保管前にしっかりと落としておく必要があります。すべてのクロームパーツをもう一度磨いてください。 私たちは、非常に 優れた ケア用品を、当社の製品群に組み込んでいます。

2.バッテリーの充電

バッテリーを取り外して充電する。私たちのさまざまなものを使って、より簡単に チャージャー- バッテリーを車内に残し、必要に応じて充電することができます。本体が勝手にオンオフしてくれる!?

3. ラジエター

ラジエーターレベルを点検し、必要なら不 凍液を補充してください。 不凍液を上にしてください。ガレージの中でもそうですが、特に屋外は寒くなり、氷が張るようになりました。

4. タイヤの空気圧

パンクを防ぐために、タイヤの空気圧を約0.3bar上げる必要があります。私たちの エアポンプ これは非常に正確に行うことができます。

5. 充填タンク

金属製のタンクには、腐食を防ぐためにガソリンを目一杯入れてください。

6.ストレージ

タイヤの負担を軽減するため、車両はメインスタンドに置いてください。 もちろん、スクーターを完全にジャッキアップ することも可能で、例えば当社のシャントエイド!乾燥した部屋(ガレージ、セラー)に保管するのが理想的です。いずれにしても、スクーターを保護するために、以下のものをお勧めします。 我が家の折りたたみ式ガレージの を、しっかり守ってください。

7. 冬用タイヤ

冬にスクーターを走ら せるなら、適切なタイヤが必要です。 冬用タイヤ.スクーター用タイヤのラインナップが充実してきました。

注意:ビデオは最新のものではありません。2017年以降、スクーターには冬用タイヤの装着が義務付けられなくなりました。しかし、隣国であるスイスやオーストリアでは事情が異なる。そこでは、やはりこのタイヤが義務づけられている。

8.フリーズしない

"悪天候はない、服装が悪いだけ"。そう、古い言葉だが、今でもそうだ。 トゥッカーノ ウルバノが提供する衣料品 気温が低くてもスクーターに乗るのが楽しくなるような、シックでたくさんの機能を搭載しています。 があります。 防風・防寒"ターモスクラッド®"は、オールシーズン最適な防水・防寒対策です。ブランケットとスクーターは簡単な手順で接続できます。脚と下半身を最適に保護します。中綿入り防水素材のコートの下は、とても暖かそうです
グリップカフス TUCANO URBANO(トゥッカーノ・ウルバノ)より。寒い季節の防風・防寒対策に最適です。ハンドルカフスは手を暖かく保つことができます。照明やインジケーターなどの操作系は、これまで通り簡単にアクセスできます。
TUCANO URBANOの Linuscud 」は、小旅行での防風・防寒対策に最適なアイテムです。特に街中や小旅行では、脚、胸、腰を暖かく保ち、100%の防水性を発揮します。エプロンのように着用し、スクーターにしっかりと固定されているわけではありません。
パンタファスト」は、「ターモスクード」がかさばるという方や、さらなる防風・防寒対策をお考えの方に最適な防風・防寒具です。エプロンのように着用するもので、スクーターに常設されているわけではありません。
シートヒーターで究極の快適性を実現。とともに シートヒーターTUCANO URBANO(トゥッカーノ・ウルバノ)には、いつも暖かいシートがあります。ヒートパッドはシートにかぶせ、マジックテープで固定するだけです。
サーモロック "クール・ホット"from TUCANO URBANO: 着脱が容易で、防寒・防水性に優れたスカートです。スカートやパンツの上からも着用でき、ゆとりのあるカッティングで動きの自由を妨げません。
TUCANO URBANO社の防風・防寒対策「Termoscud® Passenger」。同乗者をドライに、そして暖かく保つために、「テルモスクード・パッセンジャー」をお勧めします。これはライダーの「Termoscud」にマジックテープで取り付けたり、ライダーの腰のあたりに置いたりします。

9. 照明

暗い季節には、スクーターの照明がこれまで以上に重要になります。ライトを確認し、必要なら交換する。または弱い6ボルトの点火を現代の強力な12ボルトの110ワットの点火に変える。 SIP PERFORMANCE イグニッション110ワット

カバー - 手動式クラシックVESPAスクーター

手動式クラシックVESPAスクーター

- 1970年以降のすべてのPK, PX, Cosa テクニック。

メンテナンス、リペア

Ralf (SIP)
Ralf (SIP)

Ralf ist Geschäftsführer und Mitgründer von SIP Scootershop. Er fährt Vespa seit 1990 und auch heute noch beginnt für ihn der Arbeitstag am besten, wenn er auf seiner Rally 200 ins SIP Hauptquartier in Landsberg fährt. Ansonsten besitzt er noch eine 180 SS, eine 160 GS und eine VM2 Lampe Unten Vespa.