スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

ベスパ・ロードトリップ "ハードバルセロナ "2017 by SIP Scootershop

投稿者:Ralf 時間:17:11 日付:2017年11月3日

遅くとも10月の初めには、木々の葉が青々とした緑から黄橙色に変わり、無気力に落ちて迷惑な紅葉に変わる頃、一般的な二輪車ライダーは、最愛の宝物をモスボールに入れて冬眠の準備をする時期だと悟る。あるいは、フランスには行動派の仲間がいて、あなたや他の14人のベスパ愛好家と一緒に、マルセイユからバルセロナまで古い木枠の上をガタゴト走るよりほかにすることがない。シペリアでカプチーノを飲みながら、大胆な計画はすぐにまとめられ、スクーター・クラブ・デュ・シュッド・エストの会長である親愛なる友人アンリにEメールが書かれ、数週間後にはすでにマルセイユ行きの飛行機(13H05便)に乗っていた。ルフトハンザ航空の便は、タフネスに長けた4人の仲間にはあまりにもソフトすぎた。一流の男たちだ!

1日目、10月04日水曜日:

マルセイユ空港前のガソリンタンクでは、陽気に口づけを交わすのが日課だった。フランス人は挨拶として同性とキスを交わすのが大好きだが、飄々としたドイツ人には固い握手で十分だからだ。

スタート地点には、さまざまな色の大型モデルが並んだ。ラリー、スプリント、VBA、VBB、SS、GS、T5、PX......どれも似たようなセットアップだ:PX 200エンジンに210ccマロッシ・スポーツシリンダー、ロングストロークシャフト、SI 24キャブレター、SIPロードエキゾースト。大半はロータリーシャッター、一部はメンブレン、そして30ccキャブレターだった。小さいが良い例外は、PX 150エンジン、177ピナスコMagny Coursシリンダー、SI 24キャブレター、DRTから23TクラッチギアとSIPロード排気と8 "のVBAだった。この小さなレーシングバイクは、そのパワフルなトリガーに感銘を受けただけでなく、フルスロットルでも比較的速く、そのため常に先頭を走ることができたので、私たちの最初の不安はすぐに消えた。スクータークラブ・ペリサンヌの会長であるジャン・クロード・マリノ氏の駐車場にSIPスプリンターを停めた後、最初のライドではカマルグを抜けてイエローヴィレッジ・レ・プティ・カマルレまで約140kmを走った。Mas de LÉspiguetteのJean ClaudeとJamesに感謝する。

2日目、10月5日(木):

旅人たちのイビキで少々疲れ気味だったが、グラウ・デュ・ロワからモンペリエに向かった。賑やかな街の真ん中で、まるでアリババが開いたかのように門が開き、ほどなくして私たちは友人のジェローム・ヴィルデューの邸宅という一種のモダンな楽園にたどり着いた。メルシー・ブークー・モン・ジェネラル、そして最高の料理を提供してくれた奥さんのカリーヌとその家族にも感謝したい。正直なところ、 、私はこの素晴らしい場所をすぐに離れたくはなかった。しかしもちろん、私たちは続けなければならなかった。様々な採れたての牡蠣が、私たちが食べるのを今か今かと待っていたからだ。アールユイットル・ブージグ牡蠣養殖場のオーナーから牡蠣の養殖技術を教わり、つるつるした小さな牡蠣に合う白葡萄酒をたくさんいただいた。美味しいと思った。

3日目、10月6日金曜日:

ペルピニャンに向かう途中(約260km)、小さな港があり、散歩する高齢者がたくさんいる絵のように美しい小さな町、ピレンヌ・オリエンタルで、バッテリー残量の少ないアペロール・スプリッツ・ブレーキを飲んだ。 ペルピニャンに到着すると、まずアルセーヌに会って一杯飲み、それからマラッシのバーでパルマリウム・スクーター・クラブのボス、エディを囲んで残りのメンバーと会った。彼らは私たちのために、Scoobidouレストランでカタツムリのグリルなど最高のバーベキューメニューを用意してくれた。彼らに脱帽だ!

4日目、10月7日土曜日:

ペルピニャンからバルセロナまで、二輪車ライダーなら誰もが憧れるクレイジーなワインディング・ルートを走る。パルマリウム・スクーター・クラブの友人たちと、ビーチ沿いのポルトブーでランチ・タパスを食べながら、約285キロを走る。"ハッ "とするような刺激的な目覚めと牽引力で、私たちはバルセロナ中心部のナイトキャンプに到着した。BCN Sport Hostelというユースホステルだ。10ベッドの2段ベッドルームで、ブンデスリーガに匹敵するチーズフットガストと騒音レベルがある。食事は乾杯だ!しかし、冒険の休日を過ごす人には欠かせない宿だ。

5日目、10月8日(日):

宿泊先が1Aだったため、かなり疲れたが、平和な「スペイン万歳」デモの中をビーチに向かって行進した。場所を変え、たくさんのタパスとワインを楽しんだ。「ブリキの子牛」たちは休憩を取り、警備の厳重な駐車場で前回の疲れを癒した。

6日目、10月9日月曜日:

バルセロナから約330キロ離れたヴァラス・プラージュ、正確にはキャップ・ダグドからほど近いホテル・アビッツィアに戻る。夕暮れ時のアペリティーボを提供してくれたリケのスクーター・クラブの人たちに感謝する。

7日目、10月10日火曜日:

この旅最後のライド。スタート地点まで約200km戻り、マルセイユ空港のガソリンタンクで給油。予約でいっぱいのホテルと空港の床での一夜は、忘れられない帰路となった。

この忘れられない旅を提供してくれたモンシェ・ル・プレジデント、アンリ・ムリーズ、そしてスクーター・クラブ・デュ・シュッド・エストの仲間たちに感謝、感謝、そしてまた感謝だ。これ以上の旅仲間はいない。本当にありがとう!

結論:夜はほとんど眠れなかったが、日中は濃密で充実した時間だった。雨は降らなかったし、スキンはシートの下に置いたままだった。人間にもマシンにも大きな故障はなかった。というのも、長い週末に旧型ミルで約1600キロの距離を走破することは十分に可能だからだ。確かに、あちこちに手が加えられてはいるが、それこそがこのツアーを特別なものにしており、全体として特別な冒険の趣を与えているのだ。このようなツアーの後、お尻は痛くなるかもしれないが、精神はそれ以上に高揚する。このようなものは、世界中のどんなお金でも買うことはできない。旅行会社を通して予約することもできない。ホルダー同士が団結し、大理石の中にある種の狂気を宿してこそ、このような体験ができるのだ。)

#DEPARTURE!#COMMANDOGAS! #moules-frites!#どこへ行く?#youthhostel4live!#ハードバルセロナ #SIPスクーターショップ

SIPスクーターショップのクリスチャン

そしてこちらがツアーからのSIP TVビデオ、楽しんでね-いいね!やシェアはご自由に:

Ralf
Ralf

ラルフはSIP Scootershopのマネージングディレクター兼共同設立者である。彼は1990年からベスパに乗っており、今日でも彼の仕事始めはランツベルクのSIP本社までラリー200に乗ることである。彼はまた、180 SS、160 GSとVM2ランペウンテンベスパを所有している。

×