スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

ベスパ・ファロ・バッソ ラリー「バイエルン・トロフィー」2022年版

投稿者:Ralf 時間:08:07 日付:2022年7月29日

1月、私たちの顧客フランクは私に近づいて、彼は別のチューブハンドルバーベスパのラリーを整理したいと言いました。いいアイデアだ、と言って、すぐに参加することにしたんです。

フランクはすでに2017年にこうしたラリーを開催しており、今年はその美しいツアーのリバイバルとなる予定だった。フランクのイベントを知っている人は、彼のディテールへのこだわりが誰にも負けないことを知っています。今回、彼のファミリーチームは、小さなことでも見落とさない。金曜日の夜、最初の参加者が集まり、モーターワールドを見学した後、イタリアンレストランで夕食をとった。

土曜日の朝、参加者のベスパの技術検査と、参加者用の美しいバッグの配布が、かなり早い時間に行われました。もちろんバイエルンのWeißwurstの朝食も。午前9時からは、テクニカルナビゲーションエイドを使わず、ロードブックに従ってスタートし、走った。童心に返ったVespistiの、素晴らしくノスタルジックなスカベンジャーハント。最初に訪れたのはミュンヘンのモーターワールドで、神聖なホールで直接コーヒーを飲むことができました。

50er Jahre Vespas parken in der Motorworld
50er Jahre Vespas parken in der Motorworld

そこで、ミュンヘンの中心部を通り、ジーゲストルを過ぎ、レオポルド通りを通り、カロリネン広場を横切って南方向にグリューンヴァルトまで進んだ。シュタルンベルク湖畔からバイエルン・アルプスの麓に入ると、古くて小さなベスパのために作られたような、狭くて坂の多い素晴らしい道路が広がっていました。カリビアンカラーのイースター湖、スタッフェル湖に沿ってウフィングまで走るのは楽しいものでした。ここ、レストランのビアガーデンで レストラン「Seeblickを、ボリュームたっぷりのランチストップに。

すっかりリフレッシュした私たちは、もちろんガソリン談義やお店の話をたくさんして、少しいじった後、Peißenbergと素晴らしいWessobrunnを通り、絵のように美しいPfaffenwinkelへと進みました。ロットを経て、バロックやロココの宝飾品で知られるランズベルク地区へ。 SIP Scootershop.アンマーゼーを通ってインニングへ、そこからディレッティッシマを通ってスタート地点に戻る。各選手の目標は、自分のスタートからゴールまでの時間を正確に刻むことで、多くの選手が成功し、他の選手は最後の数メートルを押してゴールすることになり、中には全く到着しない選手もいました。しかし、主なものはライディングの楽しさ、コミュニティ、そしてもちろん、どちらかが故障したときの相互支援と助け合いでした。

Fotoshooting im malerischen Pfaffenwinkel bei Wessobrunn vor Alpenkulisse
Fotoshooting im malerischen Pfaffenwinkel bei Wessobrunn vor Alpenkulisse

夕方には、リストランテで表彰式と夕食会が行われ、全員が再集合しました。 フリーツ素晴らしいベスパの一日の、心地よい終わり方。

ビルダーギャラリー バイエルントロフィー2022

Vespa Trofeo della Baviera 2022

SIPテレビ ビデオ バイエルン・トロフィー2022

Ralf
Ralf

ラルフはSIP Scootershopのマネージングディレクター兼共同設立者である。彼は1990年からベスパに乗っており、今日でも彼の仕事始めはランツベルクのSIP本社までラリー200に乗ることである。彼はまた、180 SS、160 GSとVM2ランペウンテンベスパを所有している。

×