スクーターの種類を選択
メーカーを選択
モデルを選択

最もセクシーなベスパ・ワークショップ:スクーター&サービス

投稿者:Dietrich Limper 時間:14:09 日付:2022年9月14日

最もセクシーなベスパ・ワークショップ」シリーズの最新作では、ジェスコが再び少し遠くへ行くことを許された。ランツベルクからハンブルク近郊のビスピンゲンまでは約750キロあるが、「スクーター&サービス」のヴォルフガング・"ウォレ"・リーエンと彼のクルーを訪ねるのに遠すぎる距離はなかった。この工房は20年以上にわたって、エンジンやシャシーのカスタマイズ、カスタムスクーター、少量生産のハンドメイドのスペシャルパーツを提供してきた。400平方メートルを超える敷地で、ヴォレはスペアパーツ倉庫、溶接・車体工房、ダイナモメーターの作業を管理し、「スクーター&サービス」は塗装も行っている。ジェスコと彼のチームには、見るべきものがたくさんあるのだ。

羊毛工房
ヴォレの工房を覗く

ミュージシャンからボルト・ドライバーへ

ヴォレは気さくに歓迎し、ビジネスモデルの変化について説明する。5年前に大都市を離れて以来、飛び込みの客や小さな修理はほとんどなくなり、代わりに「スクーター&サービス」はビジネスの95%を占める大きなプロジェクトに完全に集中している。二輪車に専念する前はプロのミュージシャンだったからだ。「というのも、彼は二輪車に専念する前はプロのミュージシャンだったからだ。「しかし現在では、音楽はワークショップで私たちのためにゲームをしています」とウォレは言う。

ここにはまだ数台の楽器がぶら下がっているが、スクーター、スクーター、そしてスクーターが中心だ。ありとあらゆるモデルが、さまざまなコンディションと色で並んでいる。マルクスはスクーターに手をかけ、2匹の犬がベスパの間をのんびりと歩き回っている。ジェスコが全体像を把握した後、ヴォレがスーパーローの哲学を説明し、2人の専門家が細部やモデルについて話し合う。

「板金パラダイスは僕のリビングルームなんだ」とヴォレは説明し、溶接やハンマー打ちが行われる場所を示した。ジェスコは52のセグメントからなる自作のチャンバーに驚いている。この家の主は、これだけで丸1週間かかると断言し、訪問者は意味ありげに眉をひそめた。これ以上の情熱と細部へのこだわりを想像するのは難しい。

ジェスコ、ウォレ、マルクスがガソリンについて話す。
ジェスコ、ウォレ、マルクス(左から)がガソリンについて語った。

ベスパ・コンバージョンの製造工場

次は塗装工場だ。ヴォレは、彼がベスパに与えるのが好きな、まさに独自のヴィンテージ・スタイルを示している。「最初のステップであるボディワークや板金作業から塗装、最終的な組み立てに至るまで、すべてを自社で行うという全体的なコンセプトを持っている。それが私たちのユニークなところでしょう」とヴォレ・イェスコは説明する。とはいえ、敷地内のテントの中にある他の見どころを言葉で説明するのは不可能だ。ビデオを見て、"Scooter & Service "に魅了され、熱中し、そして刺激を受けてほしい。

「私は2、3人のメカニックがいる工房のままでいたいし、これ以上大きくなりたくない」とヴォレは結論づける。「私たちは、自分たちのことを製造工場だと考えている。

本当にセクシーだ。私たちの顧客であるScooter & Serviceの未来に幸多かれと祈る!

他のワークショップのビデオも見たい?こちらから こちら.

ビデオ"スクーター&サービス "への訪問

写真ギャラリー:"スクーター&サービス "を訪ねて

Sexiest Vespa Workshop: Scooter & Service
Dietrich Limper
Dietrich Limper

ディートリッヒ・リンパーはSIP Scootershopの編集者として働く傍ら、地元紙や全国紙に執筆している。ジオキャッシングをしていないときは、バイヤー・レバークーゼンの悲しい逃避行にストイックに耐えている。

×